美しいスモールフェイスへ

注射

施術の流れと予約方法

スモールフェイスに改善できるボトックス注射の流れですが、予約日に美容整形外科へ行き、窓口で受付を行うことから始まります。次にカウンセリングルームへ案内されるので、どんな小顔になりたいのか、希望をしっかり伝えましょう。目標の小顔像がある場合、写真の切り抜きなどを持参しておきますと、口で説明するより効果的です。要望だけでなく、悩んでいる点も一緒に話しておきますと、医師はそれも加味して小顔デザインを考えてくれます。クリニックによってはカウンセリングと診察が分かれている場合もありますが、患者にとっては質問のタイミングでもあるため、分からないことは分かるまで聞いておきましょう。料金なども案内してくれますから、それで了承した際は、改めて小顔治療のボトックス注射を申し込んでください。場合によりここで会計が入り、同意書などにもサインして、治療へ向けた事務手続きを行います。その後は麻酔をしますが、麻酔がオプションのクリニックなら、氷などを使って痛みを抑えてくれるのが一般的です。麻酔を施した場合は概ね30分ほど待機して、痛覚が薄れてからボトックスを注射してくれます。施術が終われば化粧を整えて帰れますが、アフターカウンセリングがある美容外科なら、それを受けてから帰路につきましょう。キャンセル待ちを狙う場合は別ですが、小顔治療のボトックス注射も大抵予約が必要です。そこで、施術先の美容整形外科が決まりましたら、電話かネットで予約を入れましょう。ネットの場合はクリニックのサイトに申し込みフォームが用意されているため、そこから初回カウンセリングの予約を入れます。氏名などを入力していき、各エリアに店舗を持つ美容外科なら、来院先の支店名も選択しておきましょう。連絡用の電話番号やメールアドレスは、半角入力が必須となっている場合が多いので気を付けてください。カウンセリングの希望日時はだいたい3つまで入れられますから、重複しないように希望日を指定します。そして、希望の治療メニューや施術部位の入力欄では、小顔治療やエラへのボトックス注射など、リストの中から適宜選択してください。全ての入力が終わり、表示された最終確認画面の内容に間違いがなければ、送信ボタンなどを押して完了です。後は、入力したメールアドレス宛に予約の確認メールが来ているかチェックして、予約が取れたかどうかを確認します。ただし、もしも自分の希望日時で予約できない時は、クリニックへ直接電話するのもポイントです。オペレーター経由なら予約できる場合もあるので、必要に応じて営業時間内に連絡してみると良いでしょう。

Copyright© 2018 ボトックスなら簡単に小顔になれる【手軽なうえに効果が高い】 All Rights Reserved.