気になるエラに試そう

女医

手術以外の方法があります

女性なら誰もが小顔に憧れますよね。顔の大きさは生まれ持ったもの、骨を削らないとダメだとあきらめてしまっていないでしょうか。もし、エラが張っていて小顔に見えないと悩んでいるのであれば、あきらめる必要はありません。エラの筋肉の張りをなくして小顔にする方法があります。その方法はボトックス注射です。ボトックスとは、食中毒の原因菌であるボツリヌス菌から作られている薬で、1980年代から使われています。歴史があるので安心ですね。この薬は神経に作用して筋肉を弛緩させる作用があります。脳卒中の後遺症などで筋肉がこわばってしまう症状を緩和させるために使われている薬になります。病気以外にも美容分野でも活躍しています。目尻などにボトックス注射をするとしわがなくなります。目の周りの筋肉を弛緩させて筋肉がこわばっていたいためにできていたしわをなくすのです。このボトックスをエラに注射することでエラの筋肉が弛緩して緊張をほぐします。骨格から直さなくてもエラの筋肉が小さくなることで小顔になります。手術的な方法ではないので、効果が表れるのに時間はかかります。でも注射をしただけで小顔になれるので手術に比べて手軽で安価な方法になります。もしエラが気になると悩んでいるようでしたら検討をして見てください。ボトックス治療で気を付けなければならないことは、やはり焦らないことです。即効性はありませんので、効果が表れるまで時間がかかります。なので長い目で見てください。また、注射は一度やっただけで済むというわけではありません。最初の2年くらいの小顔が実感できるまでは3〜4か月おきにボトックス注射をする必要があります。その後も年に1回くらい必要になります。顎の筋肉を弛緩させるので、顎関節症が改善されることもあります。ですが、注射をした1〜2週間くらいは食事の時に硬いものを噛むのが大変に感じる人もいます。これは時間が経つとエラの筋肉以外の筋肉が発達することで改善されます。40歳代以降の方がボトックス注射を受ける場合、たるんでしまうことがあります。これは皮膚が収縮する力が弱まっているためたるみが出てしまうとのことです。たるみが心配な場合は、お医者さんに相談をして注射の量を調節するなど対応をお願いしてみてください。若い方ですと、収縮する力が高いので気にしなくても大丈夫だそうです。注射する量が多い場合は頬がこけてしまうこともあるそうです。頬がこけたなと思ったらこちらもお医者さんに相談をして見てください。小顔になっても頬がこけていたらかわいくないですもんね。女性ですと、妊娠期間は注射を受けることはできませんので注意してくださいね。

Copyright© 2018 ボトックスなら簡単に小顔になれる【手軽なうえに効果が高い】 All Rights Reserved.